人気職業 小説・シナリオ

小説家になるには学歴は必要?独学より専門学校に通うべき3つの理由

こうちゃん
今回、小説家になる方法や何が必要なのかまとめました!

昔から小説が好きで、将来は小説家になりたいという方も多いと思います。

未経験の人が小説家を目指すのであれば、独学で目指すのではなく、プロの小説家から学んだ方が小説家デビューは高くなります。

その環境が整っているのが、専門学校です。

なぜ、専門学校に進学することで、デビューが高くなるのか解説していきますね!

最初にチェック!高評価の専門学校

オススメ1総合学園ヒューマンアカデミー

全国最大規模の知名度NO.1専門学校。現役プロによる授業を受けたい方にピッタリの学校!

オススメ2代々木アニメーション学院

40年の歴史を持つ伝統校。卒業生の実績ではこの学校が一番!

オススメ3アミューズメントメディア総合学院

企業との繋がりが強く、現場実習が盛んな専門学校。とにかく実践主義!

小説家とは

小説家とは、物語を考え、書籍として執筆している人のことを指します。

ジャンルは幅広く、推理・恋愛、スポ根、ライトノベル、文芸など、小説家によってジャンルは変わってきます。

最近では、パソコンやスマホの普及により、WEB上で書籍が見れるようWEB書籍も出てきています

そのため、WEB媒体で小説家として活動する方も増えています。

また、作家の収入は、 「本の定価✖︎売れた数✖︎印税率」となっており 売れた分だけ、収入が入ってきます。

そのため、小説家の収入はなかなか安定しておらず、その収入だけで生活していけない方が多い厳しい業界でもあります。

こうちゃん
ただ、作品が売れれば、それだけ読者に共感されたということですので、非常にやりがいのあるお仕事でもあります!

小説家になるには

こうちゃん
小説家になる方法は、いくつかありますが、今回は、3つご紹介します。

  • 文学賞を受賞する
  • ネットやSNS媒体で掲載する
  • 小説家になるための専門学校通う

の3つです。

一つずつ解説していきますね。

文学賞を受賞する

一つ目の方法は、小説家になるための王道とも言える文学賞を受賞することです。

文学賞とは、新人を対象にまだ、世間に発表されていなし作品に対して授与される賞のことを指します。

多くの作家が、ここで新人賞を受賞し、晴れて小説家としてデビューしていきます。

文学賞のメリットは、誰でも応募することが可能な点で、出版社の近くに住んでいなくても、小説家の夢を追いかけることができます。

直木賞や芥川賞などが主な文学賞です。

ネットやSNS媒体で掲載する

最近は、ネットの普及によって、小説投稿サイトで自分の作品を掲載する方も増えています。

ネット書籍の良いところは、自分の作品が必ず残るところと誰でも掲載することができることです。

出版社では、人気がなくなれば打ち切りになる可能性がありますが、ネット書籍では自分で投函していくので、その心配がありません。

また、人気作品になれば、編集者に見てもらえる可能性もありますよ。

専門学校に通う

3つ目が、専門学校に通う方法です。

専門学校の魅力は、出版社と強いつながりがあることとプロ作家に直接教えてもらえることです。

編集者に自分の作品を見てもらえる機会が他の2つの方法より多く、デビューチャンスも多いです。

プロから直接学べるので、どこを直せばいいのかが明確にできることや人脈作りをできるのも大きな魅力です。

小説家に学歴や資格は必要?

こうちゃん
小説家に学歴や資格は必要ありません。

読者を引きつけるストーリーを考える力、知識、表現力、語彙力など、小説家としてのスキルがとても大事になります。

また、小説家としてデビューする覚悟もとても大事です!

独学でも小説家になれる?

独学で小説家になることは可能です。

文学賞を受賞したり、個人でネットで掲載して、小説家として活躍している人もいます。

ただ、活躍しているのは、ほんの一部で、ほとんどの方が、小説家としてデビューすることなくリタイアしていきます。

その理由は、簡単で読者を惹きつける作品を書けないからです。

自分が書きたい作品を書くのはいいのですが、それが、読者にとって読みたい本であるかどうかは別問題で、どんな作品が読者を惹きつけ、どんな文章構成、ストーリーが読者が喜ぶかなど、読者の目線でしっかりと書けているかがとても大事になります。

そういったスキルは、独学だと教えてくれる人がいないので、身につけるのがとても難しいです。

だからこそ、教えてくれる環境で学ぶことをオススメしています。

次の章では、専門学校に通うべき理由を解説していきますね!

専門学校に通うべき3つの理由

では、専門学校に通うべき3つの理由を解説していきます!

こうちゃん
理由としては、

  • プロ作家が教えてくれる
  • 出版社とつながりが強い
  • 小説家以外の道も目指すことができる

が大きな理由です。

プロ作家が教えてくれる

専門学校の先生は、現役の作家として活動しているので、作家として必要なスキルや考え方をしっかりと持っています。

自分に足りないことを的確にアドバイスをもらうことができるし、自分の作印を直接見てもらうことができます。

先ほど書いたように独学の難しいところは、自分の作品を客観的に見ることができないことです。

プロの視点で必要なスキル・考えを学ぶことはとても大事ですよ!

出版社とつながりが強い

小説の専門学校は、出版社とのつながりが強いのが特徴です。

出版社が直接学校に出向き、学生の作品を批評してもらえる機会があったり、学校と出版社が合同でコンペをひらき、デビューチャンスを作ったりと、小説家として作品を直接見てもらえる機会は数多くあります。

優秀な作品であれば、そのまま小説家として、在学中にデビューできるチャンスもあるので、独学に比べ、チャンスが多いのがとても魅力です。

小説家以外の道も目指すことができる

3つ目は、小説家以外の道もあることです。

専門学校の授業は、小説家として必要な語彙力や知識、ストーリー構成などになります。

その学んだスキルは、小説家以外の道でも活かすことはできます。

仮に小説家としてのデビューが難しくても、学んだことをゲームシナリオライターやアニメの脚本家など、いろんな道で活かすことができます。

専門学校では、ゲーム・アニメ、出版社などいろんな業界とつながりがあるので、就職の選択肢が広く、サポート面もしっかりしています。

こうちゃん
あなたが活躍できる舞台を用意してくれる環境を整えているのが専門学校です。

© 2022 NEW TRIGGER Powered by AFFINGER5