ゲーム/e-sports

プロゲーマーには学歴は必要?独学より専門学校に通うべき3つの理由!

2021年2月9日

ポイント

3月は、4月から始まるAO入試に向けた準備期間になります。

下のボタンからこの学校の資料やオープンキャンパスの応募をすることが出来ます。資料は無料で届くので、進学を考えている方は、すぐに学校調査を開始しましょう!

※AO入試は他の専門学校との併願が出来ないので、進路で後悔しないために複数の専門学校の資料を取り寄せてよく比較しましょう!

こうちゃん
今回はプロゲーマーになるにはどうしたらいいのかをまとめています。

タイトルにもあるように、プロゲーマーを目指す上で、独学ではなく、専門学校に通うことを強くオススメしています!

プロゲーマーになるためにどの選択が良いのかをしっかりとまとめていますので、ぜひ一読してください!

プロゲーマーとは?

プロゲーマーとは、ゲーム大会に出場し、賞金や報酬を得る職業のことをさし、2018年にはe-sports元年と呼ばれ、オリンピック競技にもなるではないかと言われるくらい盛り上がっている職業です。

最近では、e-sportsの学校もできるぐらい盛り上がっており、競技人口も一億人を超えています。

こうちゃん
youtuberのように仕事にならないと言われがちですが、市場は右肩上がりで、ゲームが好きな方には憧れの職業ではないでしょうか!

プロゲーマーになるには

プロゲーマーになる方法は

  • ゲームスキルを磨く
  • eスポーツの大会に出場し、実績を作る

ことがとにかく大事になります。

実績がつかないことには、スポンサーもプロチームに所属することもできないので、まずはとにかくゲームスキルを高めましょう!

また、最近ではe-sports専攻のある専門学校も増えてきているので、専門学校に通い実績を残すこともプロゲーマーに近づく有効的な手段です。

学歴や資格は必要?

プロゲーマーに学歴や資格は必要ありません。

必要なのは、大会での実績なので、ゲームの腕を磨き、大会で大きな実績を残すことが先決です。

専門学校に通うべき理由

2018年にe-sports元年と呼ばれ、オリンピック競技になるのではないかと言われるほど、盛り上がっているe-sports業界。

最近では、プロゲーマーを養成していくための専門学校も多く出てきています。

どうすればプロゲーマーになれるのかわからないという方には専門学校に通うことがオススメです!

その理由は

  • プロゲーマーとして活躍している方から教えてもらえる
  • スポンサーとなってくれる企業を見つけやすい
  • eスポーツ以外にもゲーム分野の勉強をすることができる

といったメリットがあるからです。

例で挙げると、ヒューマンアカデミーでは、プロe-sportsリーグに参入しているチームと提携を結んでおり、第一線で活躍しているプロから直接指導してもらうことができます。

こうちゃん
専門学校のデメリットとしては、 学費が高かったり、親の反対を受けやすいということです。

e-sports自体最近できたジャンルなため、世間的にあまり認められていないのが現状です。

しかし、市場の伸びは右肩上がりなので、今後伸びてくるのは間違い無いです。

専門学校の選び方

プロゲーマーになるための専門学校選びで大切なことは、

  • プロチームと提携を結んでいる
  • プロ同様の設備環境が整っている
  • 就職面のサポート・学費面

の3つのポイントです。

親御さんが1番心配されるのは、この業界で今後もやっていけるかどうかです。

実際、プロゲーマーとして活躍できるのは一握りです。

こうちゃん
プロゲーマーになれず進路で路頭に迷うことがないように、ゲーム関連の企業にちゃんと就職することができるのか、その実績をちゃんと残している専門学校を選択するべきです。

さいごに

ここまでプロゲーマーになる方法をまとめてきました。

新しくできた業界なので、ゲーム好きな方には夢のある仕事だと思います。

ただ、プロゲーマーとして生計をたてられるのも一握りだということを忘れてはいけません。

プロゲーマーになれなかった時のリスクを少しでも抑えるためにも、専門学校の就職実績やサポート体制はすごく大事です。

プロゲーマーを目指す上で紹介しておきたいのがヒューマンアカデミーという専門学校です。

全国に校舎があり、2020年度にe-sports専攻が開講になりました。

前述したように、専門学校の選び方で必要な条件を全て満たしている専門学校です。

プロゲーマーを目指す環境は整っているので、どんな学校なのか、自分に学校の雰囲気は合うのかを一度確かめてください!

ポイント

3月は、4月から始まるAO入試に向けた準備期間になります。「AO入試を受けたかったのに!」とならないよう、気になる学校は早めに取り寄せましょう!

※AO入試は他の専門学校との併願が出来ないので、進路で後悔しないために複数の専門学校の資料を取り寄せてよく比較しましょう!

© 2022 NEW TRIGGER Powered by AFFINGER5