東京都

東京マルチメディア専門学校ってどんな学校?学費・評判・倍率を確認する!

2021年10月12日

こうちゃん
こんにちは!

社会人時代、学生のキャリア支援に携わった経験をもとに、当サイトで150校以上の専門学校の偏差値や評判を紹介しているこうちゃんです。

「東京マルチメディア専門学校ってどういう学校?」「偏差値・倍率ってどんな感じかな?」という疑問・悩みを持つ学生・社会人は多いと思います。

専門学校を選ぶとき、どういう学校なのかを知っておきたいと思うのは当然ですよね?

このページでは、東京マルチメディア専門学校の学費や偏差値、在校生から卒業生までの口コミや評判について紹介していきます。

ぜひ、参考にしてみてください。

最初にチェック!高評価の専門学校

オススメ1総合学園ヒューマンアカデミー

全国最大規模の知名度NO.1専門学校。現役プロによる授業を受けたい方にピッタリの学校!

オススメ2アミューズメントメディア総合学院

企業との繋がりが強く、現場実習が盛んな専門学校。とにかく実践主義!

オススメ3日本工学院専門学校

国内最大規模のキャンパスを持つ専門学校。幅広い選択肢ができる学校です。

専攻 ゲームクリエイター科、ビジュアルデザイン科、モバイル・アプリケーション科、情報処理科、Webエンジニア科、AIシステム科
アクセス 東京都新宿区百人町1-13-16

「大久保(東京都)」駅から南口を出て徒歩 1分
「新大久保」駅から徒歩 3分
「西武新宿」駅から北口を出て徒歩 5分

学費 860,000円~

東京マルチメディア専門学校ってどんな学校?

東京マルチメディア専門学校は、

  • 学費が安い
  • 少人数制

のスタイルを採用している珍しい専門学校で、初年度の学費は860,000円と100万円が平均と言われる中でもかなり安くなっています。

自力進学支援プログラムを使えば、特待生は1年ごとに15万円の免除、奨学金、学費の3分割や延納などもできるので、少しでも学費の負担を減らしたい学生のために学校側も最大限の配慮をしてくれていますね。

そして、少人数制ですが、1クラスは20〜25名で編成されており、先生と学生の距離が近いのが特徴です。

高校の時のように人数が多いと、先生が学生一人ひとりに充てられる時間が空くなってしまいますが、少人数であれば、わからないことがあれば、すぐに聞くことができるので、このスタイルを採用しています。

また、ビジュアルデザイン科の学生にはいつでも作業ができるようにノートパソコンの無料貸与があったり、長期休みには講習を開いて就職活動のサポートをしたりと学校全体で学生の活動をバックアップしていきます。

東京マルチメディア専門学校の学費は?

今回は、東京マルチメディア専門学校の学費ついて調査したので、掲載致します。

専攻
初年度学費
ビジュアルデザイン科
ゲームクリエイター科
モバイル・アプリケーション科
Webエンジニア科
情報処理科
AIシステム科
860,000円

※今回は初年度の学費を掲載いたしましたが、進級するにつれ、学費の金額は変わっていくので、学校の資料を取り寄せてしっかりと学費を確認しましょう。

東京マルチメディア専門学校の入試情報

東京マルチメディア専門学校の偏差値

東京マルチメディア専門学校に偏差値はありません。

専門学校にて、学力の問われる学科試験がおこなわることはあまりなく、面接や書類選考で合格が判断されることが多いです。

そのため、あまり偏差値に関しては気にしなくでも問題ありません。

東京マルチメディア専門学校の倍率

東京マルチメディア専門学校の倍率というのはありません。

専門学校では、4月からAO入試などで随時入学希望者を募集しているため、先着順で合格が決まっていきます。

その学科の募集定員に達した場合、何月であろうと、募集打ち切りということが起こりますので、入学希望している場合、早めの行動が必要になります。

入学区分
選考方法
AO入学
書類選考
特待生入学
書類選考
指定校推薦入学
書類選考
一般入学
書類選考

 

東京マルチメディア専門学校の評判・口コミ

学費が安いのが魅力ですね。

情報処理科・まみさん・卒業生

学校が学費が安いと言っていることもあって、他のITやゲームの専門学校に比べると安いです。

100万円を超えてくるのが当たり前なので、その額を切るのは結構すごいと思います。

学費減免の制度もあるので、うまく活用すればもう少し学費を下げれますよ。

やる気次第なところがあるかな

ビジュアルデザイン科・えみさん・卒業生

学費が安いこともあって、入学してくる子の中には単位さえ取れればいいとか、やる気のない学生もちらほらといます。

その人の人生なのでなんとも言えませんが、一応学費を支払っているので、もう少し真剣に受けた方がいいのかなとも思います

画像(60×60)

先生との距離が近いのは魅力です

AIシステム科・そうたさん・卒業生

少人数制を採用しているので、先生に質問しやすいのがとても魅力的です。

もともと人見知りもあって、高校時代とかも手を上げれなかったりしたので、直接質問できるこの環境は自分的にはとてもありがたいです。

おすすめの専門学校

ヒューマンアカデミー IT ヒューマンアカデミー 

ココがポイント

  • 国内最大級の全国展開
  • 現役プロ講師による授業
  • 初心者でも安心マンツーマン指導

ヒューマンアカデミー ITカレッジの大きな魅力は、全国どこの校舎でも現役プロの講師の方に教えてもらえるところです。

全国展開しているメリットとしては、東京や大阪の大都市のITの就職や最先端の情報を共有することができることです。

そのため、将来、東京で就職を考えていても、全国のネットワークを使って、学生の就職を支援してくれます。

業界からの評価も高く、毎年多くのIT企業から多くの求人が寄せられており、将来の進路・夢が決まっている方には多くのメリットが感じられるでしょう。

他の専門校に比べて学費が高いのが難点ですね。

最短2日・無料で資料をお届け!/

 

日本工学院専門学校

こんな人におすすめ

  • 国内最大級のキャンパス
  • 70年の歴史ある専門学校
  • 高い就職実績

日本工学院専門学校は、システムエンジニア系、AI系、WEB敬、情報処理系など、15の学科がある東京のIT総合専門学校です。

日本最大級のキャンパスを有しており、八王子キャンパスは東京ドーム8個分の大きさで、最新鋭の設備がそろっています。

モバイルアプリ開発やプログラミング専用の設備も完備されているので、他の専門学校に比べ、より実践的学習ができるのが大きな魅力ですね。

難点を上げるとしたら、学校が東京にあるので、地方の方は上京しないといけないことですね。

 

さいごに

ここまで、東京マルチメディア専門学校についてまとめてきました。

こうちゃん
東京マルチメディア専門学校は、自分の好きなことで仕事がしたい! という方にぴったりの学校です。

ただ、中には、授業についていけず途中でリタイアしていく学生もいるので、学費を払うと考えれば、ちゃんと学校選びをしないとすごく勿体無いです。

自分のやりたいことをしっかり見極めるためにも、気になる学校のパンフレットを取り寄せておくことはとても大事です。

パンフレットには、学費や入試などの基本情報も載っていますが、ネットには、載っていない学校の有益な情報が載っているので、
学校選びに失敗したくない!
東京マルチメディア専門学校が気になる!
という方は、一度パンフレットを取り寄せてみましょう。

\ 60秒以内で簡単に資料請求! /

© 2022 NEW TRIGGER Powered by AFFINGER5