東京都

日本児童教育専門学校ってどんな学校?偏差値・学費・口コミを確認する!

ポイント

専門学校の入試は8月から3月で行われますが、人気校では定員に達すると募集がストップすることがあります。

多くの学生が入試に乗り遅れないために、入試開始前から学校調査を開始していきます

いざというときに焦らないように、必ず希望校の資料請求を取り寄せて、早めの対策・準備を行いましょう!

\ 60秒以内で簡単に資料請求! /

日本児童教育専門学校ってどんな学校なの?

日本児童教育専門学校は、卒業と同時に保育士資格と認定絵本士を取得できる専門学校で、さらに短期大学卒としての称号 専門士(学位)も取得が可能です。

総合子ども学科(3年制 昼間コース)
保育福祉科(2年制 昼間コース・2年制 夜間コース)
の2学科あり、自分の生活スタイルに合わせて学科を選択することができます。

両学科の時間割は3限までで、授業は14時半で終了します。
※夜間コースの時間割は違います。

保育福祉科 昼間コースでは、週5・3限の時間割だけでなく、週3・5限という時間割も新しく登場し、木金は授業なしで学ぶことができます。

自由に時間割を選択することができるので、
・週5で通って授業終わりにサークル活動に参加
・週3で通って、木金はアルバイトや勉強に時間を費やす
など、自分のライフスタイルに合わせて学んでいけるのは学生からするととてもありがたいですね。

保育士資格だけでなく、幼稚園教諭二種免許も取得したい方は、3年制の総合子ども学科への進学がおすすめで、卒業と同時に両方取得することができます。

就職率は16年連続で100%を記録し、毎年高い就職率を記録しています。

また、10年間卒業生のキャリアサポートも無料で行っており、転職などの相談をすることができ、継続的に学生のサポートをしてくれるのも大きな魅力です。

日本児童教育専門学校の学費はどのくらい?

学科
初年度の学費
総合子ども学科
1,360,000
保育福祉学科
1,080,000

保育専門学校の平均が110~120万円くらいなので、平均よりは少し高い傾向にあります。

ただ、学校の設備面や実習などでお金がかかっていることもあるので、表の学費を高いと思うかは人それぞれではあります。

また、2年次以降は入学金がなくなるので、年間にかかるお金は減っていきます。

どういったお金がかかってくるのか、学校の雰囲気に値段は相応であるかなど、自分の目で確かめておくことはとても大事なので、一度日本児童教育専門学校のパンフレットを取り寄せて、確認してみてください。

日本児童教育専門学校の偏差値・倍率

日本児童教育専門学校にて偏差値・倍率はありません。

試験区分
選考方法
AO入試
書類選考
AO特待生制度
書類選考
選択科目(1:面接、2:保育実技・読み聞かせ、3:保育実技・音楽、4:保育実技・絵画)
社会人入試
高校推薦入試
一般入試
書類選考
面接

偏差値というのは、テストを受けた人の中で自分がどの位置にいるのかを表した数値です。

一般的に学力試験があるときに使われる指標で、経専北海道保育専門学校の入試では学力試験がないため、偏差値というもの自体存在しません。

そのため学力に不安があっても、面接や書類選考についてしっかりと対策をしていれば、専門学校の入試にて落ちることはあまりありません。

ただ、人気校になると、受験者も増えるので落ちる可能性もあるので、しっかりと面接・書類選考の対策を行っておきましょう。

日本児童教育専門学校の口コミ・評判

 

働きながら学べる学校

ゆきさん・卒業生・総合子ども学科

日本児童教育専門学校は、9〜14時半までの時間割になっていて、他の専門学校よりも早く授業が終わります

なので、自分のプライベートの時間を確保することができます。私は授業が終わったらアルバイトをしたり、友達と遊ぶ時間に使ってました。

もちろん資格の勉強もしていましたが、自由に使える時間が確保されているのはこの学校の大きな魅力だと思います。

他の保育専門学校はアルバイトもできる時間があまりないそうです。

学費が少し高いかな...

かなさん・卒業生・総合子ども学科

個人的に他の保育学校に比べると学費が高いのかなと思います。

平均が120万くらいと聞いたことがあります。

ただ、総合子ども学科は、卒業と同時に保育士資格と幼稚園教諭2種免許を取得できるので、そういった面を考えると学費が高くなってしまうのも一理あるなと思いました。

保育園と幼稚園の資格が取れる学校です。

さくらさん・卒業生・総合子ども学科

日本児童教育専門学校の総合子ども学科は、保育士資格と幼稚園教諭二種免許を卒業と同時に取得できます。

3年間の時間をかけてじっくりと勉強していくので、保育の現場で必要なスキルや知識をしっかりと学ぶことができます。

また、通っている子も同じ保育士・幼稚園教諭を目指しているので、切磋琢磨しながら一緒に頑張っていける環境が整っているのも本当に魅力的です。

学校終わりとかよく一緒に勉強したり、カラオケ行ったりしてましたね。

 

© 2022 NEW TRIGGER Powered by AFFINGER5