人気職業 声優

【親から大反対】声優になりたいけど、親に言えない解決法とは?

WordPress データベースエラー: [Column 'display' cannot be null]
INSERT INTO `wp_kjk_ab_test_analytics` (`date`, `post_id`, `test_id`, `display`, `ip`) VALUES ('2023-02-03 03:33:39', 2182, 20, NULL, '183.181.81.117')

こうちゃん
こんにちは、サイト管理人のこうちゃんです!

今回は、声優になりたいけど、親に反対された時の解決策を解説していきたいと思います。

小さい頃から声優に憧れ、将来は声優になりたいという方は多いと思います。

私も小さい頃、山寺宏一さんに憧れて、将来は声優になりたいな〜と思っていました。

夢のある声優を目指す上で1番最初に越えなければならない壁があります。

それが両親の反対です。

声優を目指す多くのかたが通る道で、越えなければならない壁です。

この記事が少しでも参考になれば幸いです!

1月はAO入試への準備期間!

専門学生の多くはネットの情報ではなく、資料請求をして、パンフレットから情報を集めます。

気になる学校はチェックして、必ず資料請求しておきましょう!

オススメ1代々木アニメーション学院

40年の歴史を持つ知名度NO.1の伝統校。
数多くの芸能人・有名人を輩出しているスクールです。

オススメ2アミューズメントメディア総合学院

企業との繋がりが強く、現場実習が盛んな専門学校
学校内でインターンができるというのが大きな特徴です。

オススメ3総合学園ヒューマンアカデミー東京校

全国最大規模の専門学校
現役プロによる授業を受けたい方にピッタリの学校です。

※1月は一般入試の募集を行っている時期です。検討を行っている学校があれば、募集定員が締め切りになる前に資料請求をしておきましょう!

なぜ親に言えないのか

そもそもなぜ、親に声優になりたいといえないのか?

その大きな理由は 大きく分けて

  1. 声優として活躍できる自信がない  
  2. 親に反対されることがわかっているから  
  3. 親に迷惑をかけてしまうから

の3つです。

特に親に反対されることがわかっているから言えないという理由がとても多いです。

理由はシンプルで、本人も親も声優業界で活躍できるのは一握りだとわかっているからです。

その考えがあるために、親に言えず、諦めてしまう方がとても多いです。

声優を目指すということは、目指すためのお金と時間が必要になるので、親に迷惑をかけてしまうと思って、なかなか言えないのは仕方がないことと言えます。

親が反対する理由とは?

仮に親に言えたとしても、反対されることが大半です。

その理由は、 大きく分けて、

  1. 声優として活躍できるのは厳しいとして知っているから  
  2. 子供には幸せな人生を送ってほしいと考えているから

の2つです。

親御さんは、子供の倍の人生を送っています。

その分、人生経験もあるので、声優業界がどれだけ大変なのかは経験的に理解していますし、実際、声優だけで生活できる人はごくわずかです。

できれば、声優という不安定な職業ではなく、大学や就職してほしいと考えるのはごく当たり前ですよね!

でも、子供の夢を応援したいという気持ちがあるのも親です。

親の心配する理由を理解し、反対されてでも声優になることを伝えたい方は、次に進んでいきましょう!

反対する親を説得する方法

ここでは、反対する親を説得する方法を紹介していきます!

声優の道を選択することはとても大変な道です。

声優としてやっていくと覚悟を決めてから読んでください!

自分の覚悟をしっかりと伝える

親を説得する1番の方法はとてもシンプルです。

自分の覚悟をしっかりと伝えることです。

  • なぜ、声優になりたいのか
  • 声優になってどうなりたいのか
  • 声優がきびしい業界だと知りながら、なぜ目指すのか

など、声優を目指す理由・覚悟をちゃんと親に話すことができなければ、声優業界でやっていくのははっきりいって無理です

声優を目指す人は全国に30万人おり、実際にデビューできるには1万人、声優として生活できるのは500人を切るそうです。

声優として活躍できるのは、0.0016%で1%にも満たないデータです。

その業界で覚悟もなしにやっていくことはできません。

厳しい業界だからこそ、親の反対を押し切る覚悟で自分の意思を伝えてください!

必ずしも、説得できる訳ではありませんが、覚悟は必ず伝わります。

親と声優の専門学校・養成所にいく

2つ目の方法としては、親と一緒に専門学校・養成所にいくことです。

これは、1をちゃんと行ってからいってくださいね!

専門学校にいく目的は、声優を目指していける環境が整っていることを親に見せることで安心してもらうためです。

仮に声優を目指すことが許されても、親はどこで学ぶのかとても心配です。

声優を目指すのであれば、しっかりとした環境で学んでほしいと思うのは当然です。

なので、口頭で学校や養成所を伝えるのではなく、実際に学校にいき、両親を安心させてあげてください!

期限・約束事を決める

最後の方法は期限を決めるということです。

声優を目指すことを認めてもらえたとしても、親は心配しています。

だからこそ、期限・約束ごとを決めて、声優を目指しましょう!

  • 専門学校期間を含め、5年でダメなら諦める!
  • 親の力を借りず、自分のお金でやっていく!

など、自分の覚悟をちゃんと示しましょう!

期限・約束事を決めることで自分自身にも覚悟ができるので、とてもいいですよ!

それでも、反対する場合の解決策

それでも、反対する場合もあると思います。

その場合は、仕方がありませんが、進学するか就職するしかありません。

ただ、諦める必要はなく、大学に通いながらでも働きながらでも、声優を目指す方法はあります。

専門学校では、夜間・週末で声優を目指すコースもあるので、働きながら自立した状態で声優を目指すのも一つの方法となります。

自分のお金で通うことになるので、大変でありますが、親の力を借りず自分の力で目指すことができます。

おすすめ声優専門学校

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーは、ドラフトオーディションと呼ばれる国内最大級のプロダクション所属オーディションが魅力な学校です。

一般的にオーディションは、学校内で成績優秀な人しか選抜されないのですが、ヒューマンアカデミーのオーディションは、生徒全員が参加することができます。

参加するプロダクションの数も国内のオーディションでは一番多く、デビューできるチャンスが全員にあるところがヒューマンアカデミーの魅力といえます。

将来声優・俳優として芸能界で活躍したい方は必ず資料請求しておきたい学校です。

ただ、難点として、学費が少し高いので、その点には注意しておきしょう。

 

代々木アニメーション学院

学費 -
カレッジ エンタメ学部(声優タレント科、2.5次元演劇科、声優アニソン科、Youtuber科)
エンタメスタッフ学部(芸能マネジメント科、PA・照明科、イベント企画科、2.5次元舞台演出・舞台制作科)
アニメ学部(アニメーター科、アニメ背景美術科、アニメ監督・演出科、アニメ音響科)
デジタルアニメ学部(アニメ3DCG、モデリング科、アニメ撮影・編集、特効科)
クリエイター学部(イラスト科、シナリオ・小説科、衣装デザイン科)
マンガ学部(マンガ科、デジタルコミック科、マンガプロデューサー・編集者科、絵本クリエイター科)
ゲーム学部(ゲーム総合科、ゲームプログラミング科)
こども学部(こども保育科、イラスト保育Wスクール、声優保育Wスクール)
校舎 東京校、池袋校、大阪校、なんば校、名古屋校、福岡校、札幌校、仙台校、広島校、金沢校
学費支援サポート あり
1日の授業時間 午前(9時〜12時10分)・午後(12時50分〜16時)の2部制
無料説明会・体験授業 各校舎にて開催中!

代々木アニメーション学院は、創立43年目を迎える歴史ある専門学校です。

卒業生は12万人を超え、日本で製作されるほぼ全てのアニメ作品に代アニの卒業生が関わっていると言われています。

また、水樹奈々さん、櫻井孝宏さん、中村悠一さんなど、数多くの有名声優さんを輩出しているのも特徴です。

他の専門学校に比べて、声優業界との繋がりも強く有名声優さんが特別講師として教えてくださるのも魅力ですね。

難点を上げるとしたら、生徒数が多いので、学内オーディションなどでライバルが多くなってしまうことですね。

声優やタレントなど、芸能界を目指す方は競争に勝ち抜くという意思がないと厳しいです。

 

アミューズメントメディア総合学院

学費 1,280,000円
カレッジ ゲームクリエイター学科、ゲームクリエイター学科、ゲーム・アニメ3DCG学科、アニメーション学科、キャラクターデザイン学科、マンガイラスト学科、小説・シナリオ学科、声優学科
校舎 東京・大阪
学費支援サポート あり
男女比 男性55.6%:女性44.4%
無料説明会・体験授業 各学科ごと開催中!

アミューズメントメディア総合学院の1番の魅力は、AMGインターンシップで多くの現場を経験できることですね。

学校が運営するAMGエンタテイメントにて、映画やゲームなどを制作できる事業部があるのですが、その作品にプロ声優として参加することができます。

その経験は「芸歴」としてカウントされるので、プロ声優を目指す上で大きなアドバンテージとなりますね。

 

さいごに

ここまで親に反対されてきた時の解決策についてまとめてきました。

ここまで書いてきたように声優業界というのはとても厳しい業界です。

心配だからこそ、親が反対するのは当たり前です。

それでも、子供の夢を応援したいと思うのも親です。

だからこそ、後悔しないように遠慮なく親に自分の思いをしっかりと伝えてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

© 2023 NEW TRIGGER Powered by AFFINGER5