マンガ・イラスト 人気職業

行ってよかったイラスト専門学校はどこ?元卒業生によるおすすめ3選!

2021年10月29日

「イラスト専門学校って多すぎて選べない…」

「おすすめのイラスト専門学校ってどこ?」

といった悩みを抱える高校生・社会人は少なくありません。

今回は、専門学校を100校以上調査してきた筆者が、行ってよかったと思えるイラスト専門学校について解説していこうと思います。

最初にチェック!高評価の専門学校

オススメ1総合学園ヒューマンアカデミー

全国最大規模の知名度NO.1専門学校。現役プロによる授業を受けたい方にピッタリの学校!

オススメ2代々木アニメーション学院

40年の歴史を持つ伝統校。卒業生の実績ではこの学校が一番!

オススメ3アミューズメントメディア総合学院

企業との繋がりが強く、現場実習が盛んな専門学校。とにかく実践主義!

イラスト専門学校に通うメリット 

ここでは、イラスト専門学校に通うメリットについて解説していこうと思います。

先にポイントを挙げると、

  • 短期間でイラストについて学ぶことができる
  • プロから直接学ぶ環境がある
  • 企業の制作現場で実習を積むことができる

となります。

短期間でイラストについて学ぶことができる

専門学校の学ぶ期間は2〜3年で、大学に比べ短いです。

そのため、その短い期間でイラストに必要な知識・スキル1〜10まで学んでいきます。

覚えることはたくさんあり、とても大変ですが、その分、大学生より早く社会に出て即戦力として活躍することができます。

イラストの大学は全国に多数ありますが、英語や数学、イラストとは関係ないパソコンの授業など、イラストの仕事に就きたい学生からするとあまり意味のない授業が多いです。

その点、専門学校では、イラストに関した授業・現場実習が多いので、自分の好きなことを学びたい人にはとても適した学びの環境となっています。

プロから直接学ぶ環境

イラスト専門学校の先生は、プロとして活躍されている方が教えてくれることが多いです。

イラストレーター、アニメーターとして現場で活躍されているので、現場で必要な力・スキル、コミュニケーション能力、求められる力など、社会で必要な力をリアルに学ぶことができます。

プロから学ぶメリットとしては、スキルやメンタル面もありますが、業界との繋がりができることもとても大きいです。

インターンシップや仕事など、先生を通して紹介されるケースもあり、授業では得られない経験をすることができます。

インターンシップ先でそのまま就職を決める生徒もいるくらいですから、プロとの繋がりは大事にしていくべきですね。

企業の制作現場で学ことができる

専門学校では、「産学共同」と呼ばれる出版社やゲーム・アニメ制作会社と連携して、企業の制作現場で経験できるシステムがあります。

知名度のある専門学校であれば、ほとんどあるシステムになります。

企業の方に直接指導・アドバイスをもらえるので、得られるものはとても大きいですし、何より企業と協力して制作した作品が世の中に出る可能性もあります。

企業も専門学生の若い考えを求めていることもあり、学生が考えた制作作品が良ければ、上記の可能性は十分にありますし、企業・専門学校ともにwin-winの関係性になれます。

また、制作した作品は、就活の際自分の制作した作品(ポートフォリオ)、経歴の一つにできるので、メリットはとても大きいですね。

イラスト専門学校に通うデメリット

ここまでイラスト専門学校のメリットについて解説してきましたが、デメリットもあります。

デメリット面に関しても解説していこうと思います。

自由な時間が少ない

1つ目のデメリット面は、大学生に比べ自由に過ごせつ時間が少ないということです。

大学は4年間あるのに比べ、専門学校は2〜3年間という期間でイラストの勉強をしていくので、授業のカリキュラムも詰まっています。

  • 1日のカリキュラムが多い
  • 課題が多い
  • 毎日授業がある

と大学生より忙しいので、なかなかアルバイトや自由な時間が作りにくいです。

大学生であれば、自分で授業を選択して、空きコマや1日休みを作ることができますが、専門学校では学ばなければいけない授業が多いので、自由に授業を選択できることは少ないです。

時間を作れても空きコマを作るくらいです。

なので、多くの学生が長期休みを使ってアルバイトをしたり、学校終わってからバイトをして睡眠時間を削って課題をする生徒が多いです。

自由な時間が欲しいという方にはイラスト専門学校はあまり向いてないですね。

レベルの低いイラスト専門学校の見極め方

ここでは、レベルの低いイラスト専門学校の見極め方について紹介していこうと思います。

重要となるポイントとしては、

  1. 学校の雰囲気は自分に合っているか
  2. 就職実績にて大企業・有名企業の名前があるか
  3. 定員割れしていないか
  4. 学費はいくらか

の4点となります。

特に一番重要なのは1番の学校の雰囲気があっているかどうかで、見極めるコツはオープンキャンパスに参加することです。

レベルの低いイラスト専門学校は、参加した瞬間、自分に合わないことがわかりますし、入学すれば、中退する原因になりかねません。

専門学校を中退する理由は、

  • 学費の支払いが厳しくなった
  • 学校の授業、課題についていけなくなった
  • 楽しくない

と様々ですが、多くの理由が自分に合わなかったという声です。

入学してみなければわからないこともありますが、オープンキャンパスに参加していれば、先生や先輩の雰囲気、学校の設備、家からどのくらいの時間がかかるのかなど、入学前にわかることはたくさんあります。

オープンキャンパスに参加した知らない学校の子とその場で仲良くなって、そのまま遊びに行ったということもよくあります。

参加するのは時間を割くということでもあるので、少し面倒ではあるのですが、自分の将来のために気になる学校は参加するといいですよ!

おすすめの専門学校

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーの特徴

・全国15校舎展開
・マンガ・イラスト合宿
・プロクリエイターによる特別セミナー
・充実したインターンシップ制度

マンガ・イラストカレッジにて1番の魅力はデビューチャンスが多いことです。

例えば、マンガ・イラスト合宿ではヒューマン生の作品を出版社の編集者にて持ち込むことができるイベントとなっているのですが、2日間で162名の出版社が参加します。

これだけの出版社が参加するのは国内でも中々ないイベントですし、自分の作品を多くの出版社に評価してもらえる貴重な機会です。

将来漫画家・イラスト関係の会社に就職を考えている方にはぴったりのイベントと言えます。

\公式HPから60秒以内で簡単に資料請求! /

代々木アニメーション学院

こんな人におすすめ

  • プロから教わりたい!
  • まだ上京する勇気はない…
  • 歴史ある学校で学びたい!

代々木アニメーション学院は、創立43年目を迎える歴史ある専門学校です。

卒業生は12万人を超え、日本で製作されるほぼ全てのアニメ作品に代アニの卒業生が関わっていると言われています。

また、代アニは商業ベースの劇場やライブホールを所有しており、プロとして現場実習を積むことができるのも特徴です。

他の専門学校に比べて、歴史がある分業界との繋がり・パイプが強いのが多くな魅力ですね。

難点を上げるとしたら、電話営業が他校と比べて少し多いことくらいですね。

無料・1分で簡単資料請求!/

 

アミューズメントメディア総合学院

アミューズメントメディア総合学院の特徴

・受賞デビュー実績500名突破
・在校中から参加できる商品開発
・現役トップクリエイターによる講義
・卒業後も夢を応援してくれるバックアップ体制

アミューズメントメディア総合学院の魅力は、マンガやイラストの制作現場に在校中から参加できることです。

学内には「AMG出版」という独自の出版社があり、外部企業と連携してマンガやイラストの商品開発を行なっています。

学生はこの出版社の制作現場でプロと共に商品を企画し、作品を制作することができます。

プロに近づくにはプロから学ぶのが1番の近道なのでその環境が整っているのがこの学校最大の魅力ですね。

\公式HPから60秒以内で簡単に資料請求! /

 

最後に

ここまで、イラスト専門学校について解説してきました。

イラスト専門学校は全国に多数あり、大都市になればなるほど、その数は増えます。

今回、筆者のおすすめをあげましたが、自分の気になる専門学校について調査して、学校を決めるのが一番良いです。

ぜひ、皆様の学校選びの参考になれば、嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

© 2022 NEW TRIGGER Powered by AFFINGER5