専門学校の豆知識

専門学校では学位をもらえない?卒業後の最終学歴とは?

2021年3月13日

ポイント

専門学校の入試は8月から3月で行われますが、人気校では定員に達すると募集がストップすることがあります。

多くの学生が入試に乗り遅れないために、入試開始前から学校調査を開始していきます

いざというときに焦らないように、必ず希望校の資料請求を取り寄せて、早めの対策・準備を行いましょう!

※資料は無料で取り寄せることができ、早ければ1週間以内で届きます。
専門学校の最終学歴って何ですか?

高校生の進路相談にのっていると、よくこの質問をいただきます。

大学を卒業すると、最終学歴は大卒で学位をもらえるけど、専門学校ってよく知らないなという学生は結構多いです。

こうちゃん
そこで、今回は、そういった疑問を持つ学生のために専門学校の卒業について解説していこうと思います。

就活のことなども解説するので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね!

専門学校で学位はもらえるの?

答えからいうと、専門学校を卒業しても学位はもらうことはできません。

学位は、大学・短大などを卒業した学生にもらえるもので、専門学校でもらえるのは、称号というものになります。

ただ、称号だからといって、経歴に書くことはできますし、称号は文部学大臣が認定しているものなので、安心してください!

専門学校の最終学歴は専門士

見出しにもあるとおり、専門学校の最終学歴は、専門士と呼ばれるものになります。

どういう称号なのか解説していきますね。

専門士とは?

専門士とは、2年制の専門学校を卒業した学生に与えられる称号です。

条件として

  1. 修業年限が2年以上
  2. 課程の修了に必要な総授業数が1700時間以上
  3. 試験などにより成績評価を行うこと

が必要です。

この専門士を持っていれば、大学編入が可能になります。

最終学歴は、短大卒と同等に扱われます。

高度専門士とは?

高度専門士と呼ばれる称号もあり、4年制専門学校を卒業した方に贈られる称号です。

条件として、

  1. 修業年限が4年以上
  2. 総授業時数が3,400時間(124単位)以上
  3. 体系的に教育課程を編成されていること
  4. 試験等に成績評価を行い、その評価に基づいて課程終了の認定を行っていること

が必要です。

この称号を持っていれば、大学院への入学が認められています。

最終学歴は、大学卒と同等に扱われます。

就活への影響は?

では、専門士や高度専門士の称号は就活に大きく影響するのか?

答えからいうと、影響はあまり変わりません。

企業によっては、学歴を優先するところもありますが、企業が求めているのは即戦力として活躍してくれる人材ですので、あまり学歴を気にしない企業が増えてきています。

むしろ、専門学校は大学に比べ、特定のジャンルを突き詰めて勉強していくので、就職が有利になる場合もあります。

専門学校の就職実績を確認してみるとわかりやすいですよ。

さいごに

ここまで、専門学校の最終学歴についてまとめてきました。

学位ではなく称号になりますが、就活面で大きく影響を受けることはないので、安心してください。

こうちゃん
むしろ、有利になることもありますし、大学編入もできるので、学校のパンフレットをみて、大学と専門学校どちらがいいのか自分の目で確かめてみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

ポイント

専門学校の入試は8月から3月で行われますが、人気校では定員に達すると募集がストップすることがあります。

多くの学生が入試に乗り遅れないために、入試開始前から学校調査を開始していきます

いざというときに焦らないように、必ず希望校の資料請求を取り寄せて、早めの対策・準備を行いましょう!

※資料は無料で取り寄せることができ、早ければ1週間以内で届きます。

© 2022 NEW TRIGGER Powered by AFFINGER5