東京都

日本電子専門学校って厳しい?学費・偏差値、評判を確認する!

2021年1月7日

こうちゃん
こんにちは!

社会人時代、学生のキャリア支援に携わった経験をもとに、当サイトで150校以上の専門学校の偏差値や評判を紹介をしている公ちゃんです。

「日本電子専門学校ってどんな学校なんだろう?」「偏差値は高い?入試は難しい?」と疑問・悩みを持つ方は多いと思います。

専門学校を選ぶとき、どういう学校なのかを知っておきたいのは当然ですよね?

今回は、日本電子専門学校の学費や偏差値、在学生から卒業生までの口コミ・評判を紹介していきます。

ぜひ、参考にしてみてください。

最初にチェック!高評価の専門学校

オススメ1総合学園ヒューマンアカデミー

全国最大規模の知名度NO.1専門学校。現役プロによる授業を受けたい方にピッタリの学校!

オススメ2代々木アニメーション学院

40年の歴史を持つ伝統校。卒業生の実績ではこの学校が一番!

オススメ3アミューズメントメディア総合学院

企業との繋がりが強く、現場実習が盛んな専門学校。とにかく実践主義!

住所

東京都新宿区百人町1-25-4

「大久保(東京都)」駅から南口を出て徒歩 2分
「新大久保」駅から徒歩 7分
「新宿」駅から西口を出て徒歩 10分
「西武新宿」駅から北口を出て徒歩 5分
「新宿西口」駅からD5出口を出て徒歩 6分

専攻 CG・映像分野、ゲーム分野、アニメ分野、デザイン分野、
ビジネス分野、Web・モバイル分野、情報処理分野、
ネットワーク・セキュリティ分野、AI分野、電気・電子分野
学費 1,239,000円~

日本電子専門学校ってどんな学校?

日本電子専門学校は、学生の叶えたい夢を実現できるよう後押ししてくれる学校です。

日本電子専門学校では、プロがCG制作でよく使われる使われる3DCGソフト「MAYA」のような最新ソフトや機材を完備しており、放課後のオープン実習で自由に使うことができます。

デザイナーを目指す学生は、放課後に残って、作品制作や課題のときによく利用しています。

教材に関して、CG制作未経験の方でもちゃんと学習ができるよう、学校の長年の経験をフルに使ったオリジナルテキストが授業では使われています。

実際、学校に入るまで、CGの機械に触れたことのない学生が、在学中にハリウッドからオファーがあるくらいまでに成長しています。

もちろん、努力が必要ですが、初心者でも安心して学べる環境になっています。

歴史と実績がある学校なので、プロの現場に触れる機会も多く、映画・ゲームなどの作品制作に参加したり、第一線で活躍されるプロのクリエイターや映画監督を迎えての特別公演、プロの現場を経験できるインターンシップなど、自らの学びを成長させる機会が数多くあります。

さまざまな学習環境が整っているので、卒業生の活躍もすごく、

  • 映画 「スターウォーズ」「美女と野獣」「君の名は」
  • ゲーム 「FF」「ドラクエ」「モンハン」

など多数の有名作品に卒業生が参加しています。

また、 「LINE」「Suica」「Abema TV」などの開発・運用にも卒業生が携わっています。

こうちゃん
卒業生の活躍からもわかるように、学校の実績は申し分ないので、 「初心だけど、先輩達みたいにプロとして活躍したい!」 という方にぴったりの学校です。

日本電子専門学校の学費

2年制学科

学科 初年度の学費
コンピュータグラフィックス科 1,355,000円
CG映像制作科 1,355,000円
ゲーム制作科 1,355,000円
ゲーム企画科 1,355,000円
アニメーション科 1,355,000円
グラフィックデザイン科 1,327,000円
AIシステム科 1,327,000円
Webデザイン科 1,327,000円
ケータイ・アプリケーション科 1,327,000円
情報ビジネスライセンス科 1,317,000円
情報処理科 1,317,000円
情報システム開発科 1,317,000円
ネットワークセキュリティ科 1,327,000円
電気工学科 1,239,000円
電気工事技術科 1,259,000円
電子応用工学科 1,239,000円


3年制学科

学科 初年度の学費
コンピュータグラフィックス研究科 1,387,000円
ゲーム制作研究科 1,387,000円
アニメーション研究科 1,387,000円
高度情報処理科 1,343,000円
高度電気工学科 1,259,000円

夜間部

学科 初年度の学費
電気工学科 709,000円
電気工事士科
情報処理科
ネットワークセキュリティ科

日本電子専門学校の偏差値と倍率

日本電子専門学校の偏差値

日本電子専門学校に偏差値はありません。

日本電子専門学校の入試方法は統一で書類選考です。

AO入学ではエントリー後に面談がありますが、面談とは面接と違い、入学する意思はあるのか、入学してしたいことは何かなど、受験生の日本電子専門学校へ入学することを前提とした情報交換の場となります。

そのため、積極的に質問していくと好印象を持たれやすいです。

推薦入学や一般入学においては、エントリーシートで入学したい意思をしっかりと伝えることができれば、不合格になることはあまりないので、なぜ入学したいかなど理由をしっかりと固めておきましょう。

日本電子専門学校の倍率

日本電子専門学校に倍率を公表していません。

AO入試が9月から始まり、一般入試で募集定員が埋まるまで入試が行われていきます。

一般入試は3月31日までとなっていますが、入試期間より早く募集定員が埋まった場合、募集を打ち切られる可能性があります。

その場合欠員が出ないと、募集がかからないので、日本電子専門学校への入学を検討している方は、早めに学校調査をしていきましょう。

 

日本電子専門学校の就職状況

富士通グループ、日立グループ、キヤノン、ソニーエンジニアリング、三菱電機プラントエンジニアリング ほか マスコミ・通信業界 NTTグループ、KDDIグループ、ソフトバンク、ヤフー、サイバーエージェント、LINE、ガンホー・オンライン・エンターテイメント、グリー、DeNA、GMOインターネット、カプコン、スクウェア・エニックス、セガ、ソニーコンピュータエンタテインメント、バンダイナムコゲームス、フロム・ソフトウェア、コロプラ、サンライズ、ぴえろ、東映アニメーション、 興和不動産ファシリティーズ、三菱地所プロパティマネジメント、野村不動産パートナーズ、三菱地所プロパティマネジメント、綜警ビルサービス(アルソック)、

日本電子専門学校の口コミと評判

卒業して10年が経ちますが、日本電子で学んだことが今でもすごく役立っています。

プログラミングコードやシステム設計など、将来役に立つことしか学ばないので、電子系の就職をしたいと考えている人にはぴったりだと思います。

(ゆうきさん・情報処理科・卒業生)

ゲームプラグラマーになりたいと思って入学を決めました。

日本電子の先生はわからないことがあれば、わかるまで徹底的に教えてくれます。

とても接しやすい先生が多いです。

忙しい中、就活相談ものってくれるので、とてもいい環境で学ぶことができました。

(みくさん・ゲーム制作科・卒業生)

大久保駅から徒歩5分くらいのところに本館があって、他の館も場所は違うけど、とてもアクセスがいいです。

パソコンのスペックも高いので、より実践的に授業を学ぶことができます。

本格的な作業ができるので、すごく助かってます。

(こうじさん・ゲーム制作科・在校生)

学費は他の専門学校に比べると高いです。

授業によっては、これ必要なのかなと思うのもあります。

ただ、学校の設備や就職面のサポートを考えると、妥当な気もするので、なんとも言えないところですね。

(かいとさん・コンピュータグラフッィク科・卒業生)

おすすめ専門学校

ヒューマンアカデミー

こんな人におすすめ

  • 地元で進学・就職したい!
  • 現役プロに教えてもらいたい!
  • 将来は東京や大阪で就職したい!
総合学園ヒューマンアカデミーは、全国19か所で校舎を展開し、どこの校舎でもプロによる授業を受けることができるのが魅力な専門学校です。

各都市に校舎があるので、「東京や大阪で就職したい!」という場合でも、ヒューマンアカデミーのネットワークを使って、その夢を実現することができます。

業界からの評価も高く、毎年大企業や有名企業からも多くの求人が寄せられるので、将来自分の進路・夢が決まっている人には様々なメリットがあります。

専門学校選びで迷われている方は、必ず資料請求しておく専門学校です。

他の専門学校に比べて学費が少し高いのが難点ですね。

最短2日・無料で資料をお届け!/

 

代々木アニメーション学院

こんな人におすすめ

  • プロから教わりたい!
  • まだ上京する勇気はない…
  • 歴史ある学校で学びたい!

代々木アニメーション学院は、創立43年目を迎える歴史ある専門学校です。

卒業生は12万人を超え、日本で製作されるほぼ全てのアニメ作品に代アニの卒業生が関わっていると言われています。

また、代アニは商業ベースの劇場やライブホールを所有しており、プロとして現場実習を積むことができるのも特徴です。

他の専門学校に比べて、歴史がある分業界との繋がりが強いのが多くな魅力ですね。

難点を上げるとしたら、生徒数が多いので、オーディションなどで学校内でのライバルが多くなってしまうことですね。

声優やタレントなど、芸能界を目指す方は競争に勝ち抜くという意思がないと厳しいです。

無料・1分で簡単資料請求!/

 

アミューズメントメディア総合学院

こんな人におすすめ

  • 現場実習をとにかく積みたい!
  • 在学中でのデビューを目指したい!
  • プロの制作現場で学びたい!

アミューズメントメディア総合学院は、企業とAMGグループが協力してプロデビューを目指す産学共同・現場実践教育が魅力な専門学校です。

AMGグループでは、AMG出版やAMG GMAESなどの事業部があり、インターンシップに行かずとも現場実習を積める環境があります。

また、事業部の方と制作した作品は自分の作品としてカウントされ、就活の際に自分の経歴として使うこともできます。

他の専門学校に比べて実戦経験を積めるのがこの学校の大きな魅力ですね!

ただ、難点としては、学校が東京と大阪にしかないので、地元を離れて上京しなければいけないことです。

 

さいごに

ここまで日本電子専門学校についてまとめてきました。

こうちゃん
日本電子専門学校は、
初心者でも頑張れば、自分の憧れる仕事を目指していける学校です。

ただ、中には、授業についていけず途中でリタイアしていく学生もいるので、学費を払うと考えれば、ちゃんと学校選びをしないとすごく勿体無いです。

自分のやりたいことをしっかり見極めるためにも、気になる学校のパンフレットを取り寄せておくことはとても大事です。

パンフレットには、学費や入試などの基本情報も載っていますが、ネットには、載っていない学校の有益な情報が載っているので、
学校選びに失敗したくない!
日本電子専門学校が気になる!
という方は、一度パンフレットを取り寄せてみましょう

\ 60秒以内で簡単に資料請求! /

 

© 2022 NEW TRIGGER Powered by AFFINGER5