東京都

東京デザインテクノロジーセンター専門学校を調査!【学費・倍率・評判】

こうちゃん
こんにちは!

社会人時代、学生のキャリア支援に携わった経験をもとに、当サイトで150校以上の専門学校の偏差値や評判を紹介しているこうちゃんです。

「東京デザインテクノロジーセンター専門学校ってどういう学校?」「入試は難しい?」という疑問・悩みを持つ学生・社会人は多いと思います。

専門学校を選ぶとき、どういう学校なのかを知っておきたいと思うのは当然ですよね?

このページでは、東京デザインテクノロジーセンター専門学校の学費や偏差値、在校生から卒業生までの口コミや評判について紹介していきます。

ぜひ、参考にしてみてください。

1月はAO入試への準備期間!

専門学生の多くはネットの情報ではなく、資料請求をして、パンフレットから情報を集めます。

気になる学校はチェックして、必ず資料請求しておきましょう!

オススメ1代々木アニメーション学院

40年の歴史を持つ知名度NO.1の伝統校。
数多くの芸能人・有名人を輩出しているスクールです。

オススメ2アミューズメントメディア総合学院

企業との繋がりが強く、現場実習が盛んな専門学校
学校内でインターンができるというのが大きな特徴です。

オススメ3総合学園ヒューマンアカデミー東京校

全国最大規模の専門学校
現役プロによる授業を受けたい方にピッタリの学校です。

※1月は一般入試の募集を行っている時期です。検討を行っている学校があれば、募集定員が締め切りになる前に資料請求をしておきましょう!

専攻 ゲーム分野、esports分野、AI・IT分野、ロボット分野、CG・映像分野、アニメ・イラスト分野
アクセス 東京都新宿区高田馬場2-11-10

東京メトロ東西線「高田馬場」駅7番出口を出て徒歩 3分
JR山手線、西武新宿線「高田馬場」駅から早稲田口を出て徒歩 5分

学費 1,600,800円~

 

東京デザインテクノロジーセンター専門学校ってどんな学校?

高い就職実績

東京デザインテクノロジーセンター専門学校では、毎年高い就職実績を記録しており、2011〜2019年の就職率は10年連続で100%を記録。

留学生は卒業後に就職活動をすることが多いのですが、就職が決まるまでサポートするのが東京デザインテクノロジーセンター専門学校の魅力です。

また、第一専門職への就職率も9割を超えており、自分の学んだ学問で就職することができるのもとても強みです。

在学中にはインターンシップも実施しており、2週間〜1ヶ月間、プロの現場で実践を経験することができます。

学校で学ぶのとプロがいる環境で学ぶことは全然違いますし、インターンシップを通して将来の自分の像を広げていけるのも特徴ですね。

インターンシップでそのまま内定が決まった学生もいますよ。

海外実学研修

東京デザインテクノロジーセンター専門学校は、在校生に人気の研修で在学中にもう一度研修に行く学生もいるくらいです。

現在はコロナの影響もあり、催行できるかは分かりませんが、毎年サンフランシスコに滞在しながら世界トップクラスの企業の職場を見学します。

Google、Apple、Dropbox、エレクトロニック・アーツなど、世界のトップ企業の職場を見学できるのはなかなかできることではありませんし、会社見学以外にもミュージアムや観光など、日本とは違った経験ができるのも魅力の一つです。

東京デザインテクノロジーセンター専門学校の学費は?

スーパーIT科(4年制)

専攻 初年度の学費 
ゲームワールド
e-sportsワールド
AI&ロボットワールド(スーパーITエンジニア専攻、スーパーAIクリエイター専攻、スーパーホワイトハッカー専攻、スマートシティテクノロジー専攻)
クリエイターワールド
1,600,800円
AI&ロボットワールド(ロボット・AIエンジニア専攻) 1,650,800円

IT・デザイン科(3年制)

専攻 初年度の学費 
ゲームワールド
esportsワールド
AI&ロボットワールド
クリエイターワールド 
1,600,800円 

※表とは別で教本・教材費、海外研修費、資格検定費などが別途必要となります。

学費とは別でかかる費用や学費の納入方法、学費支援制度など、お金に関わることはとても重要な問題です。

入学してからお金に関するトラブルが起きないように、必ず東京デザインテクノロジーセンター専門学校のパンフレットを取り寄せておきましょう。

 

東京デザインテクノロジーセンター専門学校の偏差値・倍率の情報

入試方法 選考方法 
AO入学  面接
推薦入学(指定校推薦、高等学校推薦、Myスクール特別推薦) 書類選考、面接
一般入学
社会人入学
編入学 書類選考、面接(作品・ポートフォリオがある方は持参)

学力が問われる試験はなく、専門学校の入試にて偏差値という概念はありません。

AO入試では、コロナの影響を受けて受付期間の延長になったので、東京デザインテクノロジーセンター専門学校への受験を考えてる方は早めの行動を心がけましょう。

 

 

東京デザインテクノロジーセンター専門学校の評判・口コミ

希望する会社に就職できた!

ゲームプログラマー専攻・ゆうとさん・卒業生

将来はゲームプログラマーとして活動していきたいと思って、就職活動を進めていて、無事に第一希望の企業に就職が決まりました。

学校が面接の対策だけでなく、個別面談を行なってくれて、しっかりと対策をしてくれたおかげで自分の力を最大限発揮できたんだと思います。

やる気のない子はやめたほうがいいと思います

スーパーITクリエイター専攻・てつやさん・卒業生

学校は結構やる気のある生徒とそうじゃない生徒と分かれやすくて、やる気のない生徒は学校の授業に参加してないこともあります。

せっかく学費も払っているのに勉強しないのはとてももったいないので、しっかりと進学する意思があるのか考えた方がいいですよ。

一生ものの友達ができました

コミックイラスト専攻・まなさん・卒業生

小さい頃から絵を描くのが好きで、将来はイラスト関係の仕事に就こうと考えて、この学校に進学しました。

学校の友達は同じ夢を持つ人が多く、趣味が合う子も多いので、人見知りの私もすぐに打ち解けることができました。

海外の企業はすごい

ゲーム企画、シナリオ専攻・あらたさん・卒業生

東京デザインテクノロジーセンター専門学校では、海外実学研修というものがあり、サンフランシスコで企業の見学を行います。

GoogleやAppleの見学があるんですけど、ぶっちゃけ凄すぎて、一流企業の考え方や環境を勉強できてほんとに良かったです。

おすすめ専門学校

ヒューマンアカデミー

総合学園ヒューマンアカデミーは、全国19か所で校舎を展開し、どこの校舎でもプロによる授業を受けることができるのが魅力な専門学校です。

各都市に校舎があるので、「東京や大阪で就職したい!」という場合でも、ヒューマンアカデミーのネットワークを使って、その夢を実現することができます。

業界からの評価も高く、毎年大企業や有名企業からも多くの求人が寄せられるので、将来自分の進路・夢が決まっている人には様々なメリットがあります。

専門学校選びで迷われている方は、必ず資料請求しておく専門学校です。

他の専門学校に比べて学費が少し高いのが難点ですね。

 

代々木アニメーション学院

学費 -
カレッジ エンタメ学部(声優タレント科、2.5次元演劇科、声優アニソン科、Youtuber科)
エンタメスタッフ学部(芸能マネジメント科、PA・照明科、イベント企画科、2.5次元舞台演出・舞台制作科)
アニメ学部(アニメーター科、アニメ背景美術科、アニメ監督・演出科、アニメ音響科)
デジタルアニメ学部(アニメ3DCG、モデリング科、アニメ撮影・編集、特効科)
クリエイター学部(イラスト科、シナリオ・小説科、衣装デザイン科)
マンガ学部(マンガ科、デジタルコミック科、マンガプロデューサー・編集者科、絵本クリエイター科)
ゲーム学部(ゲーム総合科、ゲームプログラミング科)
こども学部(こども保育科、イラスト保育Wスクール、声優保育Wスクール)
校舎 東京校、池袋校、大阪校、なんば校、名古屋校、福岡校、札幌校、仙台校、広島校、金沢校
学費支援サポート あり
1日の授業時間 午前(9時〜12時10分)・午後(12時50分〜16時)の2部制
無料説明会・体験授業 各校舎にて開催中!

代々木アニメーション学院は、創立43年目を迎える歴史ある専門学校です。

卒業生は12万人を超え、日本で製作されるほぼ全てのアニメ作品に代アニの卒業生が関わっていると言われています。

また、代アニは商業ベースの劇場やライブホールを所有しており、プロとして現場実習を積むことができるのも特徴です。

他の専門学校に比べて、歴史がある分業界との繋がりが強いのが多くな魅力ですね。

難点を上げるとしたら、生徒数が多いので、オーディションなどで学校内でのライバルが多くなってしまうことですね。

声優やタレントなど、芸能界を目指す方は競争に勝ち抜くという意思がないと厳しいです。

 

アミューズメントメディア総合学院

学費 1,280,000円
カレッジ ゲームクリエイター学科、ゲームクリエイター学科、ゲーム・アニメ3DCG学科、アニメーション学科、キャラクターデザイン学科、マンガイラスト学科、小説・シナリオ学科、声優学科
校舎 東京・大阪
学費支援サポート あり
男女比 男性55.6%:女性44.4%
無料説明会・体験授業 各学科ごと開催中!

アミューズメントメディア総合学院は、企業とAMGグループが協力してプロデビューを目指す産学共同・現場実践教育が魅力な専門学校です。

AMGグループでは、AMG出版やAMG GMAESなどの事業部があり、インターンシップに行かずとも現場実習を積める環境があります。

また、事業部の方と制作した作品は自分の作品としてカウントされ、就活の際に自分の経歴として使うこともできます。

他の専門学校に比べて実戦経験を積めるのがこの学校の大きな魅力ですね!

ただ、難点としては、学校が東京と大阪にしかないので、地元を離れて上京しなければいけないことです。

 

さいごに

ここまで、東京デザインテクノロジーセンター専門学校についてまとめてきました。

こうちゃん
東京デザインテクノロジーセンター専門学校は、
自分の好きなことで仕事がしたい! という方にぴったりの学校です。

ただ、中には、授業についていけず途中でリタイアしていく学生もいるので、学費を払うと考えれば、ちゃんと学校選びをしないとすごく勿体無いです。

自分のやりたいことをしっかり見極めるためにも、気になる学校のパンフレットを取り寄せておくことはとても大事です。

パンフレットには、学費や入試などの基本情報も載っていますが、ネットには、載っていない学校の有益な情報が載っているので、
学校選びに失敗したくない!
東京デザインテクノロジーセンター専門学校が気になる!
という方は、一度パンフレットを取り寄せてみましょう。

\ 60秒以内で簡単に資料請求! /

© 2023 NEW TRIGGER Powered by AFFINGER5